眼精疲
ブログ記事

眼精疲労対策をして肩こりを解消

眼精疲労というのは、放っておくととても恐ろしいものだそうです。目の疲れがどんどん蓄積して痛みなどをともなう状態だそうです。ツボ刺激と首から上の血行とリンパの流れを良くするストレッチだそうです。眼精疲労を予防、改善するといいそうです。視界がかすんでチカチカするということはあるかと思いますが、それは恐ろしい眼精疲労なのだそうです。それを癒やす方法があるそうです。ツボ押しや首ストレッチなのだそうです。疲れ目は目の周りの筋肉が疲労している状態だそうです。ツボマッサージのこまめなケアでリフレッシュしたらいいそうです。『攅竹』というツボは疲れ目、ドライアイに有効だそうです。『魚腰』というのは、乱視や老眼にも効果的なのだそうです。『魚腰』というのは、眉毛の真ん中にあるそうです。眉毛の真ん中の少しくぼんだところだそうです。両手の親指を使って押し上げるように指圧するといいそうです。またこめかみの凹んだところにある『太陽』というツボもオススメだそうです。ただし、目の周りのツボというのは、あまり強く押しすぎないのが大切だそうです。『攅竹』というのは、眉頭の内側のくぼみにあるそうです。合掌をして親指をツボにあてて、そのあまま頭を下げて頭の重みでツボに圧をかけるそうです。頭だけゆっくりと左右に揺らして自分に合った力加減を探したらいいそうです。気持ちがいいと感じるのもポイントだそうです。目の疲労は、蓄積されていくと、まわりの神経や筋肉を緊張させてしまうそうです。それが首コリ、肩こり、頭痛につながっていくそうです。目を動かす筋肉と首の付根の筋肉は関係があるそうです。首コリを和らげることは疲れ目のケアになるそうです。