お休みの日にゆっくり食べたい、人気なハムたちのお話。
「ピータン」不思議な卵の保存食 – FERIEN PARK~ハムと休日と私
ピータン
ブログ記事

「ピータン」不思議な卵の保存食

中国で珍味として食されている、不思議な卵「ピータン」は、あひるの卵なのですが、きちんと加工されたピータンは、2年もの間保存する事ができる事をご存知ですか?北京ダックもあひるを使った中国料理である事は有名ですよね。ピータンも、主にあひるの卵を使用して作られています。中国では、むかしからアヒルを飼育していた事が、大きく影響しているようですね。日本では、ピータンのような卵を長期保存したような食材はみあたりませんが、日本人は、ピータンの事を、卵のお漬物などといった呼び方をしていたようでもあります。日本には、たくさんの野菜の保存を考えた漬けものがあります。西洋でも、ハムやソーセージ、干し肉、ドライフルーツ、ピクルスなどといった、たくさんの保存食がつくられています。どれも、食材は、そのままの状態では、腐ってしまう事が、食品の加工技術に結びついているようですが、ピータンには、あひるの卵が主に使用される理由として、その性質上、ニワトリの卵よりも、あひるの卵の方が、鮮度が低下しやすいのだそうです。腐り易いアヒルの卵をどうにか、保存食として加工できないかと考えられたのが、ピータンnであるというような説もあります。