お休みの日にゆっくり食べたい、人気なハムたちのお話。
世界の保存食 – FERIEN PARK~ハムと休日と私
ソーセージ
ブログ記事

世界の保存食

ヨーロッパ地域とアメリカ大陸での、文化や風習の違いをみていきますと、食文化の違いにの中に、ハムやソーセージなどの豚肉をより使用した保存食文化が根付くヨーロッパ地方と、干し肉のビーフジャーキーやコンビーフなどとして牛肉を加工する先住民たちの食文化がクローズアップされてきます。ハムや、ソーセージ、ビーフジャーキーは、人類の長い歴史の中で、保存食として、世界各地で作られ続けてきたものです。それらの肉の加工工程は、厳密には異なりますが、広い視野からみていきますと、生肉を塩漬けし、水分を飛ばすように乾燥させたり、燻製にしたりする工程があります。ヨーロッパでは主に豚肉が加工され、アメリカでは主にj牛肉が加工された背景には、詳しい事情は読み取れませんが、よりアメリカ大陸が、牛を家畜とするだけの広い土地と牛のエサとなる牧草が十分にあったからかもしれませんね。ヨーロッパ大陸からやってきた移住民も、アメリカ大陸にやってきてからは、その土地に適した、ビーフジャーキーを保存食としていた様子ですので、アメリカ大陸の土地に深く根付いた食文化であるのですね。ビーフジャーキーは、そのまま固い肉にかじりつくイメージがありますが、スープの中にブイヨンとして使用したり、ふやかしてお料理の具材等にも使用されているようです。アメリカ大陸の先住民族たちは、牛だけではなく、バッファローや鹿なども食料とし、また果物がたくさん収穫できるシーズンには、ドライフルーツなどの保存食品も数多く作っていたようです。