お休みの日にゆっくり食べたい、人気なハムたちのお話。
ハムとニラの炒め物? – FERIEN PARK~ハムと休日と私
ハム
ブログ記事

ハムとニラの炒め物?

夕飯の買い出しに行ってくれるという祖母に、韓国語で「カムサハムニダ」=「ありがとう」と伝えたら、「今日の晩御飯は、ハムとニラの炒め物の材料を買ってくれば良いの?と言われてしまいました。韓流ドラマの見過ぎで、最近は韓国語を使いたくてしかたないのですが、残念ながら祖母には伝わらなかったようです。仕方がないので、夕飯はハムとニラを炒めて卵でとじてもらう事にしました。その後祖母が買い物から帰ってきたので、夕飯の支度を一緒にしたところなぜかハムではなくスパムとお魚の鱈を買ってきてしまった祖母。そして卵は忘れてしまったようです。

最近、祖母の様子がおかしいので、私の日常の仕事を手伝ってもらいながら祖母の様子も傍で観察しているのですが、どうやら「認知症」の気配がします。物覚えが悪くなった事をなんとなく本人も気付いているようで、こちらとしても指摘することがとても申し訳なく思えるのですが、頼んだ買い物が正しく買ってこれないことは、認知症の兆候が出ているのかなと思っています。認知症の告知を本人にすることで、その症状が改善できるのであれば、今後は家族と話し合いながら、祖母の認知症と向き合っていきたいとは思いますが周囲の話を聞いていると、まずは、病院で検査をすること自体事態を、本人が嫌がるケースが多いようですので、病院で検査を受けることがまず重要課題となってくるようです。症状が緩やかなのであれば様子を見つつ、祖母との同居の生活も考えようかとは思いますが、あんなに元気だった祖母の姿がこのように、変化していくことに、戸惑いがないと言ったら嘘になります。本日の夕飯はスパムとれ冷蔵庫の余り物野菜の炒め物、それからお魚のタラを美味しく祖母に煮付けていただきました。いつも通り美味しい鱈の煮付けを、祖母がこれからも作れるようにサポートしていけたらなと考えさせられるある日の夕方の風景でありました。