お休みの日にゆっくり食べたい、人気なハムたちのお話。
棒棒鶏(ブタ)風ハムサラダ – FERIEN PARK~ハムと休日と私
サラダ
ハムや肉の料理

棒棒鶏(ブタ)風ハムサラダ

火を使わないハムを使った、棒棒鶏風サラダをご紹介します。「鶏」ではなく、「ロースハム」などを使うので、「豚」なのですが、「棒棒鶏」風と名付けた方がなんとなくイメージしやすいサラダなのではないかなぁと思っています。材料は、ハムを定量と、レタスなど生野菜で食べられるもの。トマトなども合います。もやしなども、茹でる手間がご面倒でなければと思いますが、このお料理の肝が、「火を使わない」ですので、火を使いたい方は、ボイルした野菜もどうぞお試し下さい。私自身がズボラである事と、仕事から帰宅して、すぐに食事を作らなくてはならない時のとっておきのメニューにしています。ハムは、どんな種類でも大丈夫です。ハムの塊を使う場合は、お好みの厚さでカットして下さい。レタスなどのお野菜類も一口大にカットします。何が特徴かといいますと、ゴマダレを手作りします。【ゴマダレ】●練りゴマ・・・100gほど●塩・・・適量●お酢・・・大き目スプーン1杯ほど●豆板醤・・・お好みですが、目安はティースプーン1杯弱●お醤油・・・香り付け程度●ドライガーリック・・・お好みで量は調節しながら●ドドライジンジャー・・・お好みで量は調節しながら このゴマダレを、ハムと野菜に混ぜ込めば、棒棒鶏風のハムサラダの出来上がりになります。豆板醤が、お手元にないような場合は、ラー油を代用できます。もう少し、中華風にしたい方は、ごま油を使ってみると、風味が増します。まず、サラダの肝は、火を使わずに簡単にできるという点です。また、ゴマダレを手作りすると、胡麻ドレッシングではない感動が味わえますし、作るごとに自分の好みのゴマダレが作れるようになります。包丁を使う肯定もなるべく削減したいので、ドライガーリックやジンジャーのパウダーを使用していますが、この辺りも、生のにんにくと生姜を使用してみても良いのではないでしょうか?また、包丁の手間が増えますが、わけぎなどの青ネギ類をちらすと、さらに、それっぽく仕上がります。是非ともご賞味あれ。