お休みの日にゆっくり食べたい、人気なハムたちのお話。
FERIEN PARK~ハムと休日と私 – お休みの日にゆっくり食べたい人気なハムのお話。
ハム お歳暮

 

お歳暮とハムの関係

ハム お歳暮お歳暮の起源は、江戸時代にまでさかのぼります。店子や商人が、長屋の大家さんや取引先に、贈り物をしたことがきっかけだと言われています。

日頃、お世話になっている方々に、お礼の気持ちとして贈ったのでしょう。「お世話になっています。これからもよろしくお願いします」という気持ちで贈ったのです。

最近では、会社の上司や取引先の他に、親しい友人や、親戚に贈る人も多いようです。

昔は、相手方の家に持参するのが一般的でしたが、現在では宅急便で贈る人がほとんどです。

贈るものは、高価であれば良いというわけではありません。あまりにも高価だと、受け取った人に気を遣わせてしまいます。高くても5,000円くらいが妥当でしょう。品物は、相手の趣味や嗜好、家族構成などを考えて決めましょう。

でも、いざ贈るとなった場合、「何を送れば一番いいか?」と悩み始めるときりがないですよね。

 

クッキーなどのお菓子やコーヒー、海苔など、お歳暮のラインナップには定番の人気商品がずらっと並んでいます。

最近では、カタログギフトを贈る人も増えているようです。カタログギフトは「3,000円」「5,000円」など、金額でコースが分かれていて選びやすいので、若い人には人気のようです。ただ、世代等によってはカタログギフトに抵抗感がある方も少なくないようです。

こんな風に品物選びに困ってしまった場合、ハムを贈ってみるというのはどうでしょうか?

 

 

ハムがお歳暮の定番商品である理由

ハム お歳暮ハムが人気なのは、手軽に食べられるからでしょう。封を開けて、切り分けるだけで食べられます。それが、一番の人気の理由ではないでしょうか。

様々な味付けもされていますので、年末から年始にかけての忙しい時期に、軽くおつまみにもいただけます。料理の一品にも、そのまま使うことができます。お歳暮用のハムはブロック状のものが多くて、日持ちもしますので、何かと使い勝手が良いものです。

ハムが、お歳暮として人気がではじめたのは、だいたい明治から大正にかけての頃だと言われています。長崎のハム職人が、高貴な方にハムを献上したことがきっかけだという説があるそうです。

当時のハムは、価格がとても高くて、今の価値で言えば、一本が8万円くらいしたそうです。明治時代に、ハムを買うことは、米を一俵買うくらいの価値があったそうです。当時の名残もあって、大切な人には、ハムを贈りたくなるのかもしれません。

 

ちなみに、お歳暮とは、一般的には、12月の中旬以降に贈るものと言われています。年の暮れに、感謝を込めて、相手に贈るのです。

生鮮食品などは、お正月に近いほうが良いかもしれませんが、ハムは日持ちがするので、通常のタイミングでも大丈夫だというのも嬉しいですね。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合でも、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトへと掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等がございます。