疲れた内蔵の緊張も肩こりの原因に

内蔵内蔵疲労も肩こりの原因なのだそうです。内臓疲労と肩こり、背中のこりを一気にほぐしてくれるのが、体幹をツイストするストレッチだそうです。内臓の疲労が肩こりにつながっているというのはなかなか想像しにくいかと思います。冷たいものの摂りすぎや運動不足も内蔵疲労の原因になったりするそうです。内蔵の機能が低下することで、食欲不振やだるさにもなるそうです。それが肩こりを引き起こす原因になっているそうです。内蔵疲労の主な原因として、肝臓は呑みすぎやイライラすること、胃と腸は食べすぎ、腎臓は寝不足と水分不足なのだそうです。疲れて硬くなって下がり気味になってしまう内蔵は、背中の深層筋のこわばりを引き起こすそうです。脊柱起立筋群は首から腰まで連なっているので、緊張が筋肉を通して、背骨から上へと伝わってしまうそうです。それが肩こりや首コリの原因になるそうです。椅子を使って体幹の錆落としストレッチができるそうです。腕ほぐしの準備運動からするといいそうです。椅子の少し前に座って、背筋を伸ばしたまま前かがみになるそうです。右手で左足首を掴んで、高さは届く範囲でいいそうです。扇を開くように右手をゆっくりと上にあげるそうです。様子を見て上がるところまであげるそうです。目線は手を追うようにするそうです。背骨をまっすぐにして、ねじるのがコツだそうです。深呼吸をしながら20秒キープしておくそうです。横隔膜も動いて内部も刺激されるそうです。体幹の芯から、肩こり、背中のこり、腕のコリまでスッキリとほぐれていくそうです。逆側もするそうです。首が痛い場合は顔の向きは真横のままで大丈夫だそうです。筋肉へのストレッチ効果で上半身のコリを伸ばすことができるそうです。

内臓のコリを取って肩こりを解消

肩こり上半身を大きくねじると内蔵全体をソフトにマッサージする効果があるそうです。血行がよくなっていろんな臓器に酸素や栄養がスムーズに運ばれるようになるそうです。そうなると代謝がアップして自律神経調整の効果にもつながるそうです。肩こりや背中腰にかけて疲労が現れてきたら、体幹をまっすぐねじるというストレッチがオススメだそうです。体幹の中心、背骨周りの筋肉に集中的にツイストのちからを働かせるそうです。届きにくいコリを身体の内側からほぐしてくれるそうです。脊柱起立筋というのは、背筋を立てる大事な役割を持っているそうです。背骨の両側に縦長に沿っているインナーマッスルだそうです。座るときも立っているときも姿勢を維持するために力を発揮するということで、非常に疲れやすい筋肉ともえるそうです。痛みを感じやすくて、肩こりや腰痛の原因にもなるそうです。体幹を大きく丁寧にねるじことで、内蔵全体にほどよい刺激が入るそうです。血液循環を良くして老廃物のデトックスを促すそうです。内臓のリフレッシュにもつながるそうです。脊柱起立筋というのは、重力に逆らって上半身を立てているインナーマッスルということで、頑張っているがために疲れやすいということのようです。硬くなると頭痛、肩こり、首コリ、腰痛が出てくるそうです。捻りのポーズで内蔵をまるごとリフレッシュすることで、血液、リンパの流れがぐっと良くなるそうです。背筋を伸ばしたままねじることに効果があるそうです。膝横と椅子の端に手を置くそうです。お腹、胸、首の順にゆっくりとねじっていくそうです。腰から下はしっかりと固定しておくそうです。猫背で行うと効果が弱まるそうです。気分転換にいいそうです。

腰痛予防と改善は太ももケアが大事

太もも腰痛の原因といわれているのがタイトハムなのだそうです。タイト、硬くなったハムストリングという言葉の略だそうです。腰の痛みやだるさが気になり始めたら、太ももストレッチがオススメだそうです。腰を下から支えている筋肉が、お尻と太ももかと思います。重力からカラダを支える役割ということで、常に負担がかかっているそうです。腰の痛みの元になっているそうです。腰痛になりやすい人も前かがみまたは、反り腰という姿勢のタイプがあるそうです。腰痛の原因となるのは筋肉が違ってくるそうです。前屈と後屈どちらが苦手か試してみるといいそうです。両方苦手で骨盤まわりの筋肉が全体的に硬くなっているかも知れないそうです。太ももストレッチで早めの腰痛ケアをするのがいいそうです。前屈が苦手な人は、ハムストリングが硬いそうです。後屈が苦手な人は反り腰なのだそうです。前者は股の後ろが硬いのだそうです。後屈が苦手な人は股の前が硬いそうです。椅子を使ったりしてインナーマッスルをストレッチしていくといいそうです。太もものストレッチは、椅子は固定したものをつかうそうです。片足を乗せて、つま先を立てて上半身を倒して、深呼吸をしながらキープするそうです。そのままつま先をつけて踏み込んで背筋を伸ばしてキープするそうです。各動作、20秒ずつ両足ともやるそうです。膝と腰が痛くならないように気を付けないといけないそうです。無理をせずにゆっくりとやるのがポイントだそうです。太もも裏と前側、股関節まわりの筋肉をじっくりと伸ばすそうです。腸腰筋というのは、姿勢の保持やしっかりと歩くためにとても大事なインナーマッスルだそうです。ここをストレッチするそうです。

腰痛の予防には股関節ほぐしで

腰痛股関節が硬くなってしまうと、腰痛やむくみが起こるうそうです。冷えや骨盤の歪みというのも股関節の硬さが原因だったりするそうです。骨盤のゆがみというのは、肩こりの原因なのだそうです。股関節を支える役割のある内ももの筋肉や内転筋の柔軟度チェックをして自分で状態をみることができるそうです。男性のほうが大きな体格に対して骨盤の横幅が狭いのだそうです。間接の可動域も狭まりがちなのだそうです。そのためやりづらい人が多いそうです。ガチガチだった人も股関節ストレッチをすることで、だんだん軟らかくなっていくそうです。ガチガチのチェックはあぐらをかいて、両方足裏をくっつけてみるそうです。膝から地面までの高さがグー三個分となると硬いのだそうです。地面につく人は軟らかいそうです。真珠貝のポーズというのは、ハムストリング、内転筋、大殿筋、腰背部もほぐせるそうです。あぐらをかいて両方の足の裏を合わせて上下に動かすそうです。手で膝の上から押して20〜30回ほど、よくほぐすそうです。足裏を合わせたまま前に出して、足で菱形を作るそうです。手の平を上向きにして、ふくらはぎの下から行けるところまで差し込むそうです。静かに無理せずするのがポイントだそうです。足の裏が少し離れていてもOKだそうです。背中は丸くなるとしても、一度は背を伸ばすそうです。お腹から上体を倒すように意識するのが大切だそうです。お尻、太ももがよく伸ばすのがコツだそうです。イタキモチイイというところで首の力を抜いてダラ~ンとするそうです。股関節、お尻、太ももにくせになる刺激になるそうです。腰まわりもあったまるそうです。深呼吸で30秒するそうです。ジワジワと効くそうです。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合でも、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトへと掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等がございます。